【喧嘩あるある】彼と意見が合わない|結婚準備・式場探し中のケンカ

結婚式の準備は、プランナーとの打ち合わせや装花、料理、ドレス、ネイル・・・等々決めることいっぱいです。決められた期限内にどんどん準備を進めていかないと間に合いません。
当然どんなに仲のいいカップルでも、多少のケンカや意見の食い違いが生じます。ではどんなことでもめてしまうのか、これから花婿・花嫁になる方に参考にしてもらい、円満に結婚式を迎えてもらえればと思います。

親が口を出してくる

二人で頑張って準備をしているのに、親から「あれはやめたほうがいい」「引き出物はこれにしたほうがいい」などと意見されることがあります。全て親の意見を取り入れると自分達の希望が実現できず、親の意見を無視してしまうと後々まで気まずい関係になってしまう・・・。

親から「二人の好きなようにしたらいいよ」と言われていても事前に自分達の理想の結婚式像を伝え、意見があればその時に聞いておきましょう。打ち合わせで決めることがあれば勝手に進めてしまうのではなく、「これを決めないといけなくて、二人でこうしようって決めたんだけどいいかな?」くらいのニュアンスでいいので、報告・相談をしておくとトラブルを回避できます。

 

新郎が結婚式に積極的ではない

ケンカしたカップルの大半がこの理由です。新郎は「何でもいいよ」「好きにしたらいいよ」禁止です!一番のケンカ理由は、新婦が結婚式の段取りを全て考え、疲労がピークに達して新郎に意見を求めた時に放たれるこの言葉です。
新郎は「希望通りの結婚式をあげたらいいよ」という優しさからきた言葉なんでしょうが、新婦にとっては「どうでもいいってこと?!」という認識になります。要注意!

結婚式は新婦メインなところがありますが、新婦にとっては初めての夫婦としてのイベントを二人で築き上げたいと思っています。新郎は面倒だと感じても、一緒に考えてあげて下さいね。新婦は自分の好みに走らず、新郎の意見も取り入れてあげて下さい。

 

二人の理想がかみ合わない

少数派かもしれませんが、結婚式に積極的な新郎が理想とする演出が新婦とかみ合わないという事態。実は姉夫婦がそうでした。もうどちらかが折れるか、「ここはあなたの意見を取り入れるから、ここは私に任せて」とお互いが妥協するしかないですね。
姉夫婦はお互いが妥協し、結局式場でできる演出をほとんど網羅した結婚式になってました。こうなるとあとは費用と相談です。

意見の食い違いは出てきますが、二人の結婚式です。自分勝手にならず、お互い思いやりをもって接していきましょうね。

しかしながら、ケンカをして初めて相手の本音がわかったカップルが半数以上います。お互い日頃の不満をぶつけあい、話し合いをすることが今後の生活でも役に立ちます。ぎくしゃくした関係のままでいると結婚生活にも支障が出てくるので、一度腹を割って話し合いの場を持つことも必要ではないでしょうか?
ささいなケンカでも、婚約破棄にまでなったカップルもいます。特に結婚前は男女ともにマリッジブルーになってしまい、結婚に足踏みしてしまいがち。
そんな時にパートナーとの関係がギクシャクしてしまうと、取り返しのつかない事態に陥ります。

では、マリッジブルーとは一体どんなものでしょうか?

 

マリッジブルーとは

結婚までの準備期間中に、結婚後の生活や付き合いのことが不安になり抑うつ状態に陥る状態のことを指します。最悪の場合、婚約解消という事態にまで発展してしまいます。

マリッジブルーになると具体的にはどういう状態になるのか。

彼(彼女)と結婚していいのかわからなくなる

結婚準備期間は、育った環境の違いも価値観の違いも改めて実感してくる時期ではないでしょうか?相手のちょっとした欠点がすごく気になり、どうしても許せなくなってしまうパターンです。倦怠期に似てますね。
「貞操を守らない」「金銭面でだらしない」等、今後の結婚生活に支障をきたす大きな問題であれば、結婚自体を見直すことも選択のひとつです。

しかし、視野が狭くなっていませんか?相手も自分に対して思うことはあるはずです。小さな欠点ばかり見ず、あなたが好きになった相手のいい所を思い出して下さい。

新しい環境への不安

男性は女性を養っていかなければいけないこと、女性は家事をこなさなければいけないこと。また、新居へ引っ越して環境が変わることなどで不安を感じる人が多いです。
実は私も結婚式当日に忙しさと環境の変化から自律神経失調症になり、めまいと吐き気が止まりませんでした。2ヶ月ほどで治りましたが。

これは乗り越えるしかありません。人は大概のことには順応します(たぶん)。怖がるより、変化を楽しんでみてください。あなたの隣には、大切なパートナーがいてくれます。

家族と離れることへの孤独感

新居へ引っ越して、ホームシックにかかる人もいます。生まれ育ったところは家族も友達も近所の人もいて安心だったのに、全く知り合いのいない土地に行くと不安になるのは当然です。

慣れるまでは大変ですが、時間を作って友達と遊んだりたまには実家に帰ったりするのも手です。思い切って近所の人と交流をもつと、新しい友達が出来るかもしれません。
不安な気持ちや迷うことは誰しも経験することだと思います。一人で抱え込んでしまうと、体調不良にも繋がるので信頼のおける人に相談してみることをお薦めします。
話を聞いてもらうだけでも気持ちは軽くなるはずです。
結婚は理想通りにはいかないことだらけ。それでも大切な人と家族になれる、唯一で最大とも言える人生のターニングポイント。一時の感情やすれ違いで後悔することにならないように、この瞬間を大切にしてくださいね。

人気の記事

1

両家初顔合わせで、お店の予約や日程の調整が終われば次に考えなくてはいけないのが進行や挨拶の内容。しまりがないと、グダグダになってしまうのできっちりしたいところ。 では実際に挨拶するとしても、何を話せば ...

2

  花嫁にとって一番の晴れ舞台とも言える結婚式。 せっかく式を挙げるのなら、素晴らしい日にしたいですよね?   その為にまず重要なのが結婚式場探しです。無料のブライダルフェアに参加 ...

3

結婚式場の下見にはブライダルフェアを利用します。 ブライダルフェアと言えば昔は『ゼクシィ』の1強でしたが、最近は『Hanayume(ハナユメ)』のサービスが良くなってきたので、どっちを利用すればいいの ...

4

結婚の挨拶をした後、当日中にお礼の電話をすることが一般的なマナーですが、併せてお礼状を送るとより丁寧な印象を与えることができます。お礼状の書き方や例文をご紹介します。 お礼状は書きなれていない人が多い ...

5

過去に結婚式の二次会を主催したことがある人や参加したことがある人は、1度は二次会の意味を考えたことがあるのではないでしょうか? 近頃では二次会を行わず、挙式+披露宴や挙式+1.5次会など独自のスタイル ...

6

結婚が決まって式場探しや両家顔合わせなど、何かと忙しくなります。気づけば「あれ?指輪買ってない」なんてカップルも大勢います。 一生ものの特別な指輪。いろんなお店やデザインに、どうやって決めればいいかわ ...

-結婚式の準備

Copyright© ハッピーウエディングスタイル ~後悔しない節約結婚式~ , 2020 All Rights Reserved.