【二の腕が太い・顔が大きい】まずは知っておこう!ウェディングドレスの種類とコンプレックス克服法

ウェディングドレスっていろいろデザインがあって、どんなものが自分に合うのかわからない。
そんな方へ、ウェディングドレスの選び方や見せ方、コンプレックス部分の克服法をご紹介します。

 

ポイント1.
まずは自分がどんな雰囲気の花嫁になりたいかを想像してみる

ドレスの種類

ウェディングドレスには基本的に5種類の形があります。それぞれの形によって大まかな雰囲気が決定します。どのスタイルにするかを決めておくだけで、試着するドレスは絞られてきます。

 

プリンセスライン

ウェストに切り替えがあり、スカートにボリュームがあります。まさにお姫様のように華やかで可愛いイメージ。存在感がある為、ホテルウェディングやゲストハウスなどの広い披露宴会場に向いています。

 

Aライン

 

ウエストのやや高めから裾にかけて、徐々に広がっていくデザイン。アルファベットの「A」の形に似ていることからその呼び名がついています。足が長く見える為、スタイル良くエレガントに見せられます。大聖堂や大きな教会に良く映えます。

私が選んだのもこのタイプです。胸の下あたりから裾が広がっていて、本当に足長効果があります。

 

エンパイアライン

バストの下で切り替えがあり、裾まで直線的になっています。優雅で気品のある印象を受けやすく、切り替えし位置が高いため足長効果が大。ウエストを締め付けないのでマタニティにも人気です。レストランウェディングやガーデンウェディングなどの、ゲストとの距離が近い会場ではボリュームが少ないエンパイアラインがお勧めです。

 

スレンダーライン

スカートが足元にまっすぐ落ちた、大人でスタイリッシュなデザイン。アクセサリーや大ぶりのブーケなどのワンポイントでオリジナル感を満喫。こちらもドレスのボリュームを抑えたデザインなので、レストランウェディングやガーデンウェディングにぴったりです。

 

マーメイドライン

上半身から太ももまで体にぴったりと沿っていて、裾はフリルやレースなどで魚の尾ひれのように広がっています。ボディラインがくっきり出ていて大人の女性の魅力を最大限に出せる形です。華やかでゴージャスな印象のこのドレスは、ホテルウェディングや大聖堂などの大き目な会場によく似あいます。

 

 

ネックライン

同じラインのドレスでも、首と胸元のデザインで顔の印象が変わってきます。それぞれのネックラインの特徴をご紹介します。

 

ラウンド

シンプルな丸首ライン。どんな体型の人でも合い、優しく可憐で清楚なイメージになります。

 

Vネック

胸元がVの字に開いたデザイン。縦のラインが強調されるので大人っぽい雰囲気になります。

 

ホルターネック

前身ごろから続く紐やストラップを首の後ろで結ぶデザイン。背中が大きく開くので、肩や腕を綺麗に見せてくれます。

 

ハートネック

胸元がハート型にカットされたビスチェライン。丸みを帯びた上半身のデザインで可愛らしさを演出できます。

 

スクエア

ネックラインが四角くカットされたデザイン。肩から胸元をシャープに見せてくれます。

 

オフショルダー

ネックラインが大きく開き、両肩を露出させたデザイン。顔周りがすっきりして華奢な印象を与えてくれます。

 

ワンショルダー

どちらかの肩だけを布で覆い、もう片方を露出させたアシンメトリデザイン。個性的で大人っぽく、セクシーなイメージが特徴です。

 

ボートネック

ボート(船)のように横に浅く広がったネックライン。デコルテ部分の露出が少なく、上品で可愛らしい印象になります。

 

スタンド

スタンドカラーは首に沿って立てた襟型のデザイン。顔周りを華やかでゴージャスに見せてくれます。

 

ビスチェ

胸元と背中が大きく開き肩のラインが美しく見える、ウェディングドレスの中でも王道と言われるデザイン。どんな体型の人でも合います。

 

ハイネック

首までドレスが繋がっているデザイン。首を長く見せる効果があり、上品で清楚な印象です。

 

シアーライン

シアーとは「透き通るような」という意味で、薄い生地がバストラインから肩元まで続き、デコルテ部分が透き通って見えます。

 

 

スリーブライン

袖のデザインにもいろいろな種類があります。

 

アメリカンスリーブ

首から袖ぐりの下までが大きくカットされたノースリーブ型のデザインで、バックスタイルもフロントと同じ身頃がついているのでスタイリッシュな印象です。

 

ノースリーブ

女性らしさが強調されたデザイン。肌の露出に厳しいチャペルなどではロンググローブが必要になります。

 

パフスリーブ

袖部分がふんわりと広がっているスタイルなので、可憐でキュートな雰囲気が出せます。

 

パゴダスリーブ

袖の上部が細く、袖口がラッパのように広がったデザイン。パゴダとは東洋建築で「塔」の意味を持ち、仏塔のように3段、5段と重ねた生地がエレガントでフェミニンさを演出します。

 

フレンチスリーブ

身頃と袖付の切り替えがなく、身頃の生地を裁ちだした袖のこと。最近では切り替えがあっても、肩が隠れる程度の袖であればフレンチスリーブと呼ぶことがあります。

 

ベルスリーブ

肩から手首に向かって広がったベルのような形をした袖。その形状から手を細く見せる効果があります。

 

ロングスリーブ

その名の通り長い袖。上品でクラシカルな女性を表現できます。レースや透けた感じの素材を選べば、軽やかな印象になります。

 

タンクトップ

U字型のネックラインに肩が細いデザイン。筋肉質の締まった腕の方にお勧めです。

 

 

ポイント2.
自分の体型や肌の色に合わせたドレスを選ぶ

 

欠点も魅せるドレス着こなし術

誰しも必ず自分の体に不満がある部分が存在しますよね。そんな気になる部分と向き合い、上手にドレスを着こなしましょう。
ここではよくある花嫁の悩みを参考に、どういったドレスを選べば美しく着こなせるか追及して行きます。

 

全体的にふくよか

ドレスをプリンセスラインやAラインにするのがおすすめ。バストの下あたりに切り返しがあるためくびれや足長効果があり、下半身のふくらみを隠します。上半身はベールやロンググローブでさりげなく隠しましょう。

 

首が短い、顔が大きい

ハイネック・スタンド・ボートネックのようなデコルテのデザインよりも、ネックラインがV字のものを選びましょう。縦のラインが強調され、小顔効果が期待できます。アクセサリーもV字型がベスト。

 

丸顔、首が太い

ネックラインをスクエア型に。肩から胸元をシャープに見せてくれます。

 

肩幅が広い、面長

ネックラインをオフショルダーにして肩まわりを華奢に見せます。

 

二の腕が太い

パフスリーブやロングスリーブで隠してしまいましょう。但しロングスリーブの場合は7分丈くらいにして手首を見せた方がいいです。

 

脇のお肉が乗る

ビスチェの高さがあるものを選んで、目立たなくしましょう。

 

背中のお肉が乗る

背筋を正し、背中がV字になっているドレスを選ぶか、ボレロを羽織ってカバーします。

 

バストが大きすぎる

レースアップビスチェ又はラグジュアリービスチェを着用し、すっきり見せます。

 

バストが小さすぎる

デコルテをあまり露出しないハイネックやアメリカンスリーブ、ボートネックを選択しましょう。また、胸元の大きな装飾でカバー。

 

お尻が大きい

ドレスをプリンセスラインやAラインにしましょう。マーメイドのようなドレスなら、ヒップラインにリボンなどの装飾があるものを。

 

背が高い

背が高い人にしか着こなせないスレンダーラインがお勧めです。

 

背が低い

エンパイアラインなどハイウェストのドレスで目線を上に持っていきます。

 

私のコンプレックスは、顔が大きいことと太っていること、肌が汚いことです。なのでドレスはビスチェでデコルテを思い切り出しました。Aラインなのでウエストが細く見え、曲げた腕を少し後ろに引くことで二の腕がすっきりと見えます。

ブライダルエステも少しだけ通って、肌を整えました。エステは初体験でしたが、すごく気持ちがよかったです。

ウェディングドレスの色選び

ウェディングドレスと言えば「白」。ただ、白と言ってもパールホワイトやオフホワイト、アイボリーなど色々な種類があります。
自分の肌の色に合わせたドレス選びをすることが、「ドレスだけ浮いて見える」「日焼け跡がくっきり」という悲しい現象を防ぎます。

 

透き通るような白い肌
青みを帯びた抜けるように白い肌を持ったあなたは、純白の白または青みがかったクールな白がぴったり。

 

すこしくすんだ黄色い肌
イエローベースの肌のあなたは、ベージュがかった落ち着いた色が似合います。

 

ピンク色を帯びた肌
明るく淡いピンクベースの肌の持ち主であるあなたは、乳白色のホワイトドレスや淡いピンク、ブルー系の色がおすすめです。

 

明るいイエローベースの肌
黄色寄りの明るい肌を持つあなたは、クリアで明るいベージュやクリーム色がしっくりきます。

 

カラードレスの色選び

お色直しのカラードレス。ウェディングドレスと同じくカラードレスも、選ぶのは一苦労。色が持つ印象を簡単にまとめてみました。
披露宴会場がホテルや結婚式場など屋内の場合は濃いめの色、ガーデンウェディングや窓が大きく自然光がたくさん入る会場は淡い色が似合います。

ブルー
シャープな印象。清潔感がありクールに演出するなら寒色系がおすすめ。夏に向いている色。

 

ピンク
肌色を美しく見せてくれる色。優しく女性らしさが表現できます。パールピンクやサーモンピンクが人気です。

 

レッド
鮮やかなレッドはインパクト大。色白の人は特に映えます。グッと大人っぽくなります。

 

グリーン
肌になじみやすく色の種類が豊富。濃いグリーンはクリスマスカラーとして使えます。

 

イエロー
どんな人にも合う万能カラー。淡いものは優しく、鮮やかなものは華やかに演出できます。

 

オレンジ
ビタミンカラーで明るく元気な印象に。温かなイメージもあり、季節を問いません。

 

ゴールド
上品でゴージャス。シャンパンゴールドやオレンジゴールドなどのベージュ寄りのカラーは日本人に馴染みやすいです。

 

ブラック
シックで上品な印象に。小物や花などのアイテムが引き立ち、大人っぽい演出になります。

 

パープル
肌を一番綺麗に見せてくれるパープルはエレガントで神秘的な印象に。淡い色と濃い色でも雰囲気がガラっと変わります。

 

 

ドレス選びまとめ

ウェディングドレスを大人っぽいデザインにしたら、カラードレスはポップで可愛く。またはドレスをプリンセスラインで豪華にしたら、カラードレスはマーメイドラインでセクシーに。雰囲気のギャップを楽しむ方が多いです。

 

披露宴会場が大きい場合は、存在感のあるプリンセスラインやAラインなどのボリュームのあるドレスがおすすめ。

 

逆にガーデンウェディングやレストランウェディングのように、動きが伴ったり会場が小さめの場合はボリュームを抑えたエンパイアラインやスレンダーラインが適しています。

 

 

ウェディングドレスもカラードレスも、見ているだけでは自分に合うのか判断できません。絶対に自分には似合わないと思っていたラインが以外と似合ったり、すごく気に入ったデザインが、着てみるとそうでもなかったりなんてことがよくあります。

まずは着てみないとわからないので、自分の中で「あり」「なし」はあっても、とりあえず試着。すると徐々に本当に似合うラインや色が絞れてきます。

 

ブライダルフェアではウェディングドレスの試着会を行っている会場が多数あり、自分に似合うドレスがあるか、どんなドレスがあるのかを見てみることができます。

どれだけ素敵な式場でも、着たいドレスがなければ意味がありません。

まずはブライダルフェアに参加して、ドレスを実際に試着してみましょう。




【ゼクシィ】日本最大級の結婚サイト 式場データ、フェア情報が満載

 

 

また、自分で見るのと他人が見るのとでも印象は違うので、新郎や親、兄弟などお世辞なしにズバッと意見を言ってくれる人を同行しましょう。一人で選ぶ場合は、スタッフの方に写真や動画を撮ってもらい、客観的な目で確認しましょう。

 

あなたに似合う、最高の一着が見つかりますように。

 

ドレスが決まれば、ブライダルインナーを用意しましょう。

ブライダルインナーの着方と選び方|どこで買うと安い?購入時期

レンタルでドレスを選んだ方は、スタッフからブライダルインナーの準備をするように言われていることと思います。 「たった一度しか着ないから、もったいない」と思うでしょう。しかし、ブライダルインナーはあなた ...

続きを見る

人気の記事

1

両家初顔合わせで、お店の予約や日程の調整が終われば次に考えなくてはいけないのが進行や挨拶の内容。しまりがないと、グダグダになってしまうのできっちりしたいところ。 では実際に挨拶するとしても、何を話せば ...

2

  花嫁にとって一番の晴れ舞台とも言える結婚式。 せっかく式を挙げるのなら、素晴らしい日にしたいですよね?   その為にまず重要なのが結婚式場探しです。無料のブライダルフェアに参加 ...

3

結婚式場の下見にはブライダルフェアを利用します。 ブライダルフェアと言えば昔は『ゼクシィ』の1強でしたが、最近は『Hanayume(ハナユメ)』のサービスが良くなってきたので、どっちを利用すればいいの ...

4

結婚の挨拶をした後、当日中にお礼の電話をすることが一般的なマナーですが、併せてお礼状を送るとより丁寧な印象を与えることができます。お礼状の書き方や例文をご紹介します。 お礼状は書きなれていない人が多い ...

5

過去に結婚式の二次会を主催したことがある人や参加したことがある人は、1度は二次会の意味を考えたことがあるのではないでしょうか? 近頃では二次会を行わず、挙式+披露宴や挙式+1.5次会など独自のスタイル ...

6

結婚が決まって式場探しや両家顔合わせなど、何かと忙しくなります。気づけば「あれ?指輪買ってない」なんてカップルも大勢います。 一生ものの特別な指輪。いろんなお店やデザインに、どうやって決めればいいかわ ...

-ブライダルフェア, 結婚式の準備

Copyright© ハッピーウエディングスタイル ~後悔しない節約結婚式~ , 2020 All Rights Reserved.