ブライダルフェアの選び方 会場の決め方やお得に申し込む方法

ブライダルフェアは、曜日や時間帯によって同じ会場でも内容が異なっています。どのフェアに参加するかは、二人の結婚式に対するこだわりによって決めることをお勧めします。

この記事の内容

  • ブライダルフェアの種類
  • ブライダルフェアの会場の選び方・ポイント
  • ブライダルフェアをお得に申し込む方法
  • ブライダルフェアの事前予約はネット予約がお得な理由
この記事の最後には、お得なキャンペーンを実施している結婚式場探し総合サイトの紹介をしています。

ブライダルフェアの種類

まずはブライダルフェアって何をするのか。具体的に説明します。

 

館内見学

ブライダルフェアではほぼ必須項目です。会場スタッフの案内で披露宴会場や教会、控え室、クロークや受付などが見学できます。
雑誌やインターネットの画像では見れない部分をしっかりと見ることができます。ブライダルフェアで先輩花嫁が役に立ったと絶賛のイベント第一位です。

試食会

ブライダルフェアでは当日さながらのフルコースが通常料金の半額で試食できたり、ハーフコースやワンプレートの料理が無料で試食することができます。
料理は結婚式会場を決める上で一番重要視されているため、参加しておくべきイベントです。

模擬挙式

会場スタッフがモデルとなり、本番さながらの挙式内容を見学することができます。パイプオルガンや聖歌隊の生演奏、フラワーシャワーやブーケトスなどの演出体験も行われるところがあります。
新郎新婦がゲストからどう見えるのか、どんな風に立ち振る舞うときれいに見えるのか大変参考になります。

模擬披露宴

会場によって異なりますが、模擬挙式同様ゲスト目線で披露宴の様子を見ることができます。中でも照明や音響、プロジェクターなどの機材は本番と同じものを使うことがほとんど。どのくらいの性能なのかチェックできる絶好のチャンスです。また、シェフが披露宴会場で肉や魚などを調理するパフォーマンスや、デザートブッフェを体験することができる会場もあります。

試着会

タキシードやウェディングドレスを試着できます。会場によってドレスの種類はさまざまで、その中に自分の気に入るドレスがあるとは限りません。会場と契約したあとでドレスの種類が全然ないことがわかり、キャンセル料を払って会場を変更したカップルもいます。一番写真や映像に残る姿なので、こだわる人は要チェック。

相談会

会場スタッフにこちらの希望を伝え、希望に合ったプランの提案や現状の空き状況を教えてもらえたり、簡単な見積もりをもらうことができます。まだ検討段階なので、値切るならここ!他の会場の見積もりがあれば比較して、具体的に値段交渉をしてから見積もりをもらいましょう。

会場コーディネート・引き出物などの展示

テーブルクロスや装花、ペーパーアイテムなど本番に近い雰囲気を味わえるように装飾がされています。また引き出物やプチギフトなどの展示がされていて、その会場での人気商品や定番商品をチェックできます。実際に商品を決めるときの参考になります。

美容体験

会場によっては提携しているエステサロンやスパなどで、美容体験をすることができます。ブライダルフェアに参加すると、無料でオイルマッサージやネイルケアなどを体験できます。気に入ればそのままブライダルエステの予約をすることも可能です。

ブライダルフェアの流れ

  • 館内見学
  • 模擬挙式
  • 試着会
  • 相談会

もしくは

  • 館内見学
  • 会場コーディネートや引き出物の展示
  • 試食会
  • 相談会

などイベントの組み合わせが日によって変わります。
二人にとって重要視する演出が行われている日を狙って、ブライダルフェアに参加することをお勧めします。

 

ブライダルフェアの式場の選び方・ポイント

式場選びをする前に、お互いの結婚式に対する理想や条件を話し合いましょう。

国内挙式か海外挙式

国やおおよその地域まで決めておきましょう

おおまかな招待人数

家族のみの少人数制や親戚や会社の上司などを招待する大人数制など。

おおよその予算

ご祝儀や親からの援助なども考慮して考えておきます。

挙式の時期

 

シーズンによってはお得なプランが用意されている場合もあります。希望日がある場合は何日か候補を挙げておくほうが良いです。

会場の種類

 

ホテル、専門式場、ゲストハウス、神社、レストランなどから、どこで結婚式を挙げたいか決めます。

結婚式でやりたいこと

これだけは絶対にやりたいと思っていることがあれば、式場選びの条件として挙ておきましょう

 

二人である程度意見がまとまったらメモ帳などに書いておくと、後から確認したりブライダルフェアの際にスタッフからの質問に答えるのに便利です。

条件が揃えばそれに合った会場のブライダルフェアに参加しましょう。

例えば二人が

料理とドレスにこだわりたい
試食会+試着会があるブライダルフェアに参加しましょう
少人数でオリジナリティあふれるものにしたい
レストランウェディングや少人数でもOKな専門式場のブライダルフェアに参加しましょう
妊娠しているので、無理のないスケジュールで結婚式を挙げたい
相談会があるブライダルフェアに参加して、マタニティウェディングにどれだけ対応してもらえるか確認しましょう

という選び方をします。

もちろんあらゆるパターンの式場を見学して、選択の幅を広げるのもOKです。

ブライダルフェアで一番参考になったのは、会場の雰囲気と答える人が90%以上。館内見学は必須で参加しておくイベントです。

次いで試食会が人気イベントとなっており、人気会場では予約がなかなか取れないほどです。気に入った会場があれば早めに予約しておきましょう。

今すぐブライダルフェアを予約する⇒
理想の結婚式場が見つかるHanayume(ハナユメ)

ブライダルフェアをお得に申し込む方法

二人の話し合いがまとまったら、いざブライダルフェアへ。

ブライダルフェアに参加するには、事前予約が必要です。

仕事が忙しい人のために隙間時間に参加可能な当日予約のフェアもありますが、試食会や試着会などはほとんどの場合事前予約制になっています。
こだわりの演出や料理など、式場のアピールしたい部分を丁寧に説明してもらうためにも、2週間前くらいには予約をしておくほうがいいでしょう。

予約方法は、式場のHPから予約するか電話予約する方法と、式場紹介総合サイトからネット予約する方法があります。

 

当日急に参加する場合は、式場へ直接電話連絡して参加が可能か確認する必要があります。別の方の結婚式が行われていて、式場に入ることができない可能性があります。

外から式場を眺めるだけでいいなら連絡も必要ありませんが、中の様子を確認したりスタッフと相談したい場合は必ず式場側の許可をもらってから行くようにしましょう。

事前予約をする場合は、式場紹介総合サイトからネット予約する方法が断然お得です。

ブライダルフェアの事前予約はネット予約がお得な理由

ポイント

・試食会や試着会など事前予約が必要なイベントに参加できる
・当日専属で会場スタッフが案内や相談などにのってくれる
・式場総合サイトで予約すると、過去の履歴やブライダルフェアの詳細が一度に確認できて便利
・ネット予約することで、式場紹介総合サイトからキャンペーン割引やプレゼントがもらえる

同じ式場に行くなら、お得で便利なネット予約を。

Hanayume(ハナユメ)

2016年11月すぐ婚naviから、ハナユメへ生まれ変わりました。

ゼクシィ



人気の記事

1

両家初顔合わせで、お店の予約や日程の調整が終われば次に考えなくてはいけないのが進行や挨拶の内容。しまりがないと、グダグダになってしまうのできっちりしたいところ。 では実際に挨拶するとしても、何を話せば ...

2

  花嫁にとって一番の晴れ舞台とも言える結婚式。 せっかく式を挙げるのなら、素晴らしい日にしたいですよね?   その為にまず重要なのが結婚式場探しです。無料のブライダルフェアに参加 ...

3

結婚式場の下見にはブライダルフェアを利用します。 ブライダルフェアと言えば昔は『ゼクシィ』の1強でしたが、最近は『Hanayume(ハナユメ)』のサービスが良くなってきたので、どっちを利用すればいいの ...

4

結婚の挨拶をした後、当日中にお礼の電話をすることが一般的なマナーですが、併せてお礼状を送るとより丁寧な印象を与えることができます。お礼状の書き方や例文をご紹介します。 お礼状は書きなれていない人が多い ...

5

過去に結婚式の二次会を主催したことがある人や参加したことがある人は、1度は二次会の意味を考えたことがあるのではないでしょうか? 近頃では二次会を行わず、挙式+披露宴や挙式+1.5次会など独自のスタイル ...

6

結婚が決まって式場探しや両家顔合わせなど、何かと忙しくなります。気づけば「あれ?指輪買ってない」なんてカップルも大勢います。 一生ものの特別な指輪。いろんなお店やデザインに、どうやって決めればいいかわ ...

-ブライダルフェア

Copyright© ハッピーウエディングスタイル ~後悔しない節約結婚式~ , 2020 All Rights Reserved.